後遺障害の慰謝料等

解説

精神的な苦痛に対する償い

自賠法ではどうなっているのか

後遺障害に対する慰謝料等の額は、該当等級ごとに次に掲げる表の金額とする。

  1. 自動車損害賠償保障法施行令別表第1の場合

    第1級第2級
    1,600万円1,163万円

  2. 自動車損害賠償保障法施行令別表第2の場合
第1級第2級第3級第4級第5級第6級第7級
1,100万円958万円829万円712万円599万円498万円409万円
第8級第9級第10級第11級第12級第13級第14級
324万円245万円187万円135万円93万円57万円32万円

被扶養者がいる場合

  1. 自動車損害賠償保障法施行令別表第1の該当者であって被扶養者がいるときは、第1級については1,800万円とし、第2級については1,333万円とする。

  2. 自動車損害賠償保障法施行令別表第2第1級、第2級又は第3級の該当者であって被扶養者がいるときは、第1級については1,300万円とし、第2級については1,128万円とし、第3級については973万円とする。

初期費用等

自動車損害賠償保障法施行令別表第1:(イメージ図を見る)に該当する場合は、初期費用等として、第1級には500万円を、第2級には205万円を加算する。


解決のヒント

初期費用は緊急費用としての慰謝料に加算して支払われるものです。


ご質問・お問い合わせはお気軽に!
お電話による相談・面談予約は072-429-5011まで

メール相談 もこちらから

全国対応しております。




a:3268 t:1 y:2